夏バテにいい麺レシピ さっぱりうどんやパスタを紹介します。

私は夏バテで、ご飯が喉を通らない
毎年、よくあります。

 

そんな時は、麵!
つるつるいけるので
ご飯やパンよりかは、食べれます。

 

栄養のバランスを考えて
スムージーを作ったりもします。

 

SPONSORED LINK

 

夏バテ解消レモンと鶏ガラのさっぱりうどん

まずは「夏バテ解消レモンと鶏ガラのさっぱりうどん」を紹介します。

natubate0411-1 夏バテにいい麺レシピ さっぱりうどんやパスタを紹介します。

夏バテ解消レモンと鶏ガラのさっぱりうどん
材料
うどん・・・・・・・一玉
レモン・・・・・・・半分
きゅうり・・・・・・お好みで適量
とり肉・・・・・・・お好みで適量
わかめ・・・・・・・お好みで適量
ミニトマト・・・・・1〜2個
浅漬けのもと・・・・40cc
お水・・・・・・・・50cc
鶏ガラスープの素・・小さじ1/2
ニンニク・・・・・・少々
ブラックペッパー・・適量

レシピはこちら!

 

レモンとか柑橘類って
さっぱりしていていいですよね~

 

鶏肉のたんぱく質も
夏バテに効果があると言われています。

 

納豆オクラとろろそば

つぎは「納豆オクラとろろそば」を紹介します。

natubate0411-1 夏バテにいい麺レシピ さっぱりうどんやパスタを紹介します。

夏バテ予防&解消納豆オクラとろろそば
材 料
おくら・・・・・3~4本
納豆・・・・・・1パック
長いも・・・・・約5cm分
そば・・・・・・1袋
かつおぶし・・・少々
青ねぎ・・・・・少々
めんつゆ・・・・150~200cc

レシピはこちら!

 

ネバネバが食べやすい
ツルツルと喉を通ってくれていいですよね!

 

そばでもうどんでも~

 

大好評の冷やし中華

つぎは「大好評の冷やし中華」を紹介します。

natubate0411-1 夏バテにいい麺レシピ さっぱりうどんやパスタを紹介します。

大好評の冷やし中華
材料
中華麺・・・・2玉
卵・・・・・・2個
きゅうり・・・1/3本
トマト・・・・1/2個
もやし・・・・1/2袋
焼豚・・・・・2枚
醤油・・・・・50cc
酢・・・・・・60cc
水・・・・・・70cc
砂糖・・・・・20g
塩・・・・・・1つまみ
味の素・・・・少々
ゴマ油・・・・小さじ1

レシピはこちら!

 

冷やし中華は食べやすいですよね~
さっぱりしてて、冷たく作れば
さらに美味しく食べれます。

 

SPONSORED LINK

 

トマトの冷製パスタ

つぎは「トマトの冷製パスタ」」を紹介します。

natubate0411-1 夏バテにいい麺レシピ さっぱりうどんやパスタを紹介します。

簡単夏バテ防止トマトの冷製パスタ
材料
スパゲッティ・・・・180g
トマト・・・・・・・2個
シーチキン缶・・・・1缶
オリーブオイル・・・大3
醤油・・・・・・・・小2
塩・・・・・・・・・3~4つまみ
ブラックペッパー・・適量
バジル・・・・・・・適量

レシピはこちら!

 

トマトも食べやすいですよね~
トマトは体を冷やす効果があるので
たくさん食べてくださいね~

 

トマトとブロッコリーのイタリアンそうめん

つぎは「トマトとブロッコリーのイタリアンそうめん」を紹介します。

natubate0411-1 夏バテにいい麺レシピ さっぱりうどんやパスタを紹介します。

トマトとブロッコリーのイタリアンそうめん
材料
そうめん・・・・・・・・・50g
プチトマト・・・・・・・・4個
ブロッコリー・・・・・・・4個
イタリアンドレッシング・・大さじ3
めんつゆ・・・・・・・・・大さじ3
乾燥バジル・・・・・・・・少々
ブラックペッパー・・・・・少々

レシピはこちら!

 

そうめんでも、野菜をたっぷり食べましょう~

 

バランスが大事なので
足りない所は
おかずで補いましょう。

 

冷やし坦々素麺

つぎは「冷やし坦々素麺」を紹介します。

natubate0411-1 夏バテにいい麺レシピ さっぱりうどんやパスタを紹介します。

夏バテ防止冷やし坦々素麺
材料
素麺・・・・・・・・食べる分だけ
豚ひき肉・・・・・・150g
ザーサイ・・・・・・50g
酒・醤油・・・・・・各大さじ1
味噌・・・・・・・・小さじ2
水・・・・・・・・・2cup
鶏ガラスープの素・・小さじ1
練りごま・・・・・・大さじ4
酢・・・・・・・・・大さじ3
ラー油・・・・・・・大さじ2
みじん切り生姜・・・小さじ1/2くらい
みじん切り長ネギ・・1本分
みじん切りにんにく・小さじ1/2くらい

レシピはこちら!

 

温かいのがよければ
温かくしてどうぞ~

 

SPONSORED LINK

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ