らっきょう漬け 下処理の仕方・色々な味付けの漬け方 

らっきょうと言えば日本で有名なのは
鳥取砂丘の「砂丘らっきょ」

 

私は小さい頃からよく食べていて
父が鳥取出身なので

 

旬の5~7月ぐらいまでの間に
1度1年分を買いに行って
家で漬けていました。

 

自分で漬けると
無添加で出来るのでいですよね~

 

SPONSORED LINK

 

らっきょう漬け下処理

まずは「らっきょう漬け下処理」を紹介します。

rakkyou0424-1-226x300 らっきょう漬け 下処理の仕方・色々な味付けの漬け方 

らっきょう漬け下処理
材料
らっきょう・・・・500
水・・・・・・・・600ml
粗塩・・・・・・・大さじ6

下処理の仕方はこちら!

 

我が家も下処理をしてから漬けています。

 

蜂蜜漬けが、私のお気に入りです!

 

らっきょう蜂蜜漬け

つぎは「らっきょう蜂蜜漬け」を紹介します。

rakkyou0424-1-226x300 らっきょう漬け 下処理の仕方・色々な味付けの漬け方 

らっきょう蜂蜜漬け
材料
らっきょう・・・・・正味500g
蜂蜜・・・・・・・・1カップ強
酢・・・・・・・・・大さじ3

作り方はこちら!

 

下処理と分量さえちゃんとすれば
初心者でも出来ます。

 

漬けて待つ間がまた楽しいんですよね~

 

らっきょ漬け

つぎは「らっきょ漬け」を紹介します。

rakkyou0424-1-226x300 らっきょう漬け 下処理の仕方・色々な味付けの漬け方 

らっきょ漬け
材料
市販のらっきょ・・・適宜
市販のらっきょ酢・・適宜
鷹の爪・・・・・・・適宜

作り方はこちら!

 

らっきょうの買った時の状態によりますが
掘り出したばかりものだと
切り分けたりの下処理がいります。

 

こちらのレシピは画像が
しっかり載っているので
参考にしてみてください。

 

ラッキョウの「赤紫蘇梅酢漬け」

つぎは「ラッキョウの「赤紫蘇梅酢漬け」」を紹介します。

rakkyou0424-1-226x300 らっきょう漬け 下処理の仕方・色々な味付けの漬け方 

ラッキョウの「赤紫蘇梅酢漬け」
材料
ラッキョウ・・・・・200グラム
赤紫蘇梅酢・・・・・150cc

作り方はこちら!

 

色も鮮やか
血液をサラサラにする効果があると言われているので
毎日1個でも食べるようにしましょう。

 

SPONSORED LINK

 

べんりで酢で簡単らっきょう漬け

つぎは「べんりで酢で簡単らっきょう漬け」を紹介します。

rakkyou0424-1-226x300 らっきょう漬け 下処理の仕方・色々な味付けの漬け方 

べんりで酢で簡単らっきょう漬け
材料
洗いらっきょう・・・・1kg
べんりで酢・・・・・・700cc

作り方はこちら!

 

べんりで酢は、私も使っていますが
他の料理にも便利に使えます。

rakkyou0424-1-226x300 らっきょう漬け 下処理の仕方・色々な味付けの漬け方 

 

味付けはこれ1本なので
超簡単ですね!

 

らっきょう漬けぽん酢

つぎは「らっきょう漬けぽん酢」を紹介します。

rakkyou0424-1-226x300 らっきょう漬け 下処理の仕方・色々な味付けの漬け方 

らっきょう漬けぽん酢
材料
泥らっきょう・・・・適当
ぽん酢・・・・・・・適当
生唐辛子・・・・・・無くても可

作り方はこちら!

 

少量でも出来ます
簡単ポン酢漬け

 

さっぱり、ポロポリ食べるのが好きです。

 

らっきょう漬け

つぎは「らっきょう漬け」を紹介します。

rakkyou0424-1-226x300 らっきょう漬け 下処理の仕方・色々な味付けの漬け方 

らっきょう漬け
材料
泥らっきょう・・・・適当
すしのこ・・・・・・適当
生唐辛子・・・・・・無くても可

作り方はこちら!

 

すしのこでも作れるなんて
初めて知りました!

rakkyou0424-1-226x300 らっきょう漬け 下処理の仕方・色々な味付けの漬け方 

 

梅しょうゆらっきょう漬け

つぎは「梅しょうゆらっきょう漬け」を紹介します。

rakkyou0424-1-226x300 らっきょう漬け 下処理の仕方・色々な味付けの漬け方 

梅しょうゆらっきょう漬け
材料
青梅・・・・・・・3個
らっきょう・・・・40~50グラム

漬け汁
醤油・・・・・・・4/1カップ
焼酎・・・・・・・4/1カップ
酢・・・・・・・・4/1カップ
赤唐辛子・・・・・お好みで1本

作り方はこちら!

 

青梅も一緒に漬けて
味や風味をつけるやり方

 

出来上がりガ楽しみなりますね~

 

SPONSORED LINK

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ