小豆 レシピ 甘くない炊き方と活用レシピ・冷凍も出来るか?

大好きな小豆♪
私は、甘いのが大好きだけど
旦那様と息子が、甘い小豆はあまり好きではないみたいで

 

今回は甘くない小豆レシピを、探して見ました。
作った時の、活用法レシピも紹介します。

 

SPONSORED LINK

 

甘くない大納言あんこ

まずは「甘くない大納言あんこ」を紹介します。

amakunai

甘くない大納言あんこ
材料
大納言あずき・・・・500g
砂糖・・・・・・・・180g
塩・・・・・・・・・大1
水・・・・・・・・・1リットル

レシピはこちら!

 

大納言と言う種類の小豆は、大粒で煮ても皮が破れにくい小豆です。
初心者でも、扱いやすいと思います。

 

皮が破れると、中身が流れ出てしまい味が落ちます
圧力鍋を使うと短時間で調理するため、破れてのは防げますが
圧力鍋以外で炊く時は、時間をかけすぎないのがコツです。

 

普通の鍋で炊くときは
水から茹でて沸騰させて、茹で汁を捨てる・・・この作業を3回する
こうすることで、破れることは防げます。

 

小豆かぼちゃ

次は「小豆かぼちゃ」を紹介します。

kabotya

小豆かぼちゃ
材料
小豆・・・・・・1カップ
かぼちゃ・・・・200g
塩・・・・・・・小さじ1

レシピはこちら!

 

かぼちゃと小豆を炊くことを
「いとこ煮」と言います。

 

甘い小豆と炊くと・・・
すごく甘くなります。

 

缶詰を使う時は、「小豆の水煮」を使うようにすると
甘さを抑えることが出来ます

 

甘くないぜんざい

次は「甘くないぜんざい」を紹介します。

zennzau

甘くないぜんざい
材料
あずき・・・・・・・・・400g
砂糖・・・・・・・・・・200g
塩・・・・・・・・・・・小さじ2

レシピはこちら!

 

ぜんざい大好き♪
甘いのが好き~
だけど、旦那様と子供の分は甘さ控えめにして作ります。

 

私は、正月以外のもよく食べます♪

 

小豆水煮缶と炊飯器お赤飯

次は「小豆水煮缶と炊飯器お赤飯」を紹介します。

sekihan

小豆水煮缶と炊飯器お赤飯
材料
もち米・・・・・・・・・2合
無洗米(うるち米)・・・・1合
小豆水煮缶・・・・・・・1缶
水(水煮缶の水を含む)・・3合分
ごま塩・・・・・・・・・適量

レシピはこちら!

 

お祝いに欠かせない赤飯
上手に炊きたいですね。

 

そういう時は、失敗しないように小豆の水煮の缶詰を使うようにしていますw
料理には自信がないのでw

 

チーズ&あずきトースト

次は「チーズ&あずきトースト」を紹介します。

pan

意外においしいチーズ&あずきトースト
材料
食パン・・・・・・・・・・1枚
スライスチーズ・・・・・・1枚
ゆであずき・・・・・・・・適量

レシピはこちら!

 

トーストと小豆も好きですが・・・チーズは乗せたことが無いw
小豆とチーズの組み合わせのレシピは
沢山あったので、美味しいの間違いなさそうw

 

SPONSORED LINK

 

餃子の皮で和風小豆餅

次は「餃子の皮で和風小豆餅」を紹介します。

gyouza

トースターで簡単餃子の皮で和風小豆餅
材料
餃子の皮・・・・・・・・・・12枚
ゆであずき缶詰・・・・・・・適量
切り餅・・・・・・・・・・・1〜2個
きな粉・・・・・・・・・・・お好みで

レシピはこちら!

 

餃子の皮で?
作ったことも、食べたことも無い!

 

作ってみたい1品です。
きな粉もいいですね~

 

ホットヨーグルト小豆のせ

次は「ホットヨーグルト小豆のせ」を紹介します。

yo-guruto

便秘解消確実ホットヨーグルト小豆のせ
材料
ヨーグルト・・・・・・・・100g
小豆・・・・・・・・・・・適量
きな粉・・・・・・・・・・適量

レシピはこちら!

 

ヨーグルトに合いそうですね
腸にもよさそう~

 

ホットにするのも新しい発想ですね!

 

大納言小豆のゆで方(水煮&冷凍保存用)

次は「大納言小豆のゆで方(水煮&冷凍保存用)」を紹介します。

reiyou

大納言小豆のゆで方(水煮&冷凍保存用)
材料
大納言小豆・・・・・・・・・・・・・・・・・・100g
水(ゆでこぼし用)・・・・・・・・・・・・・・800㏄(カップ4)
水(小豆を煮る用)・・・・・・・・・・・・・・800㏄(カップ4)

☆ゆでこぼし・・・・・・・・・・・・・・・・沸騰してから2分
☆ゆで時間の目安・・・・・・・・・・・・・・60分~80分

☆ゆで上がりの重量・・・・・・・・・・・・・ゆでる前の約2.3倍

レシピはこちら!

 

冷凍のレシピがありました!

 

水煮で小分けに冷凍して
甘くしたい時は、後で砂糖を混ぜ合わせる方法便利ですね!
使い分けできてとてもいいと思います!

 

SPONSORED LINK

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ